食生活と人間の性格には関係があると言われています。

草食動物と肉食動物の違いのように、肉食は好戦的で草食は保守的という性質が人間にも同様なことが言えるようです。また、食生活によって性格が異なる代表的な栄養素としてカルシウムがあります。

カルシウムが不足するとイライラしやすくなると言われています。カルシウムは小魚や牛乳、ナッツなどから摂取することができますが、肉食中心となった現代の日本では、イライラする若者や主婦、サラリーマンが増えたと言われています。魚中心の食生活であった頃は、感じることがなかったイライラを感じてしまうのも食生活の変化からくるものがあるとも言えます。

普段からイライラが抑えられない人は食事を肉食から魚や野菜中心にするだけでも変化を感じることができるかもしれません。疲れが強い日には、肉を摂取した方が効率よく疲れを回復することができると言われているので、普段は魚中心、時折、肉を食するようなメニュー構成にすることで変化を感じることができるようになるでしょう。

生理痛解消におすすめサプリ